買取事例・お知らせ

不用品買取

ミラーレスカメラと一眼レフカメラの違いを徹底解説

1. 基本的な構造の違い

一眼レフカメラ(DSLR)とミラーレスカメラの最大の違いは、内部構造にあります。一眼レフカメラは、内部にミラーとペンタプリズムを搭載しています。これにより、レンズを通った光がミラーに反射し、ファインダーを通じて被写体を確認できます。撮影時にはミラーが跳ね上がり、光が直接センサーに届きます。

一方、ミラーレスカメラはミラーを省略し、光が直接センサーに届き、その映像を電子ビューファインダー(EVF)や液晶画面に表示します。これにより、ミラーレスカメラは一眼レフカメラよりも軽量かつコンパクトな設計が可能です。

2. サイズと重量

一眼レフカメラは、内部にミラーやペンタプリズムを搭載しているため、ボディが大きく重くなります。特にプロ向けモデルは耐久性と性能を重視するため、さらに重量が増します。

ミラーレスカメラは、ミラーがないため全体的に軽量でコンパクトです。旅行や日常の持ち運びには非常に便利で、長時間の撮影でも負担が少ないです。

3. オートフォーカス性能

以前は一眼レフカメラの方がオートフォーカス性能で優れていましたが、現在ではミラーレスカメラも同等かそれ以上の性能を持つモデルが登場しています。ミラーレスカメラはセンサー全体でオートフォーカスを行うため、画面全体で素早く正確なフォーカスが可能です。

一眼レフカメラは、専用のオートフォーカスセンサーを使用し、特に動きの速い被写体に対する追尾性能が優れています。ライブビューでの撮影時は、ミラーレスカメラと同様にセンサーでのフォーカスとなります。

4. バッテリー寿命

一眼レフカメラは光学ファインダーを使用するため、バッテリーの消耗が少なく、長時間の撮影が可能です。これに対して、ミラーレスカメラはEVFや液晶画面を常に使用するため、バッテリーの消耗が早いです。予備バッテリーを持ち歩くことが推奨されます。

5. レンズの選択肢

一眼レフカメラは長い歴史があり、多種多様なレンズが揃っています。特に高性能なプロフェッショナル向けのレンズが豊富です。

ミラーレスカメラも、最近ではレンズのラインナップが充実してきています。新しい技術を取り入れたレンズが多く、特定の用途に特化したモデルも増えていますが、一眼レフカメラに比べるとまだ少ないです。

6. ファインダーの違い

一眼レフカメラは光学ファインダー(OVF)を使用し、リアルタイムで自然な見え方を提供します。これにより、被写体の動きや照明の変化を遅れなく確認できます。

ミラーレスカメラは電子ビューファインダー(EVF)を使用します。EVFは撮影前に露出やホワイトバランスなどの設定を反映した画像を確認できる利点がありますが、暗所や動きの速い被写体では若干の遅れを感じることがあります。

結論:どちらを選ぶべきか

ミラーレスカメラ一眼レフカメラの選択は、撮影スタイルや用途に応じて異なります。軽量でコンパクトなミラーレスカメラは、旅行や日常の撮影に最適です。一方、頑丈でバッテリー寿命が長い一眼レフカメラは、プロフェッショナルや特定の撮影条件にこだわるユーザーに適しています。

おすすめのミラーレスカメラと一眼レフカメラ

以下に、おすすめのミラーレスカメラと一眼レフカメラをいくつかご紹介します。

おすすめのミラーレスカメラ

  1. Sony α7 III
  2. Canon EOS R6
  3. Fujifilm X-T4

おすすめの一眼レフカメラ

  1. Nikon D850
  2. Canon EOS 5D Mark IV

    どちらのカメラもそれぞれの強みを持っており、最適な選択はあなたの撮影ニーズによって決まります。ぜひ、これらの違いを参考にして、最適なカメラを選んでください。

お問い合わせ

新潟市、燕三条市内全域の
出張買取・遺品整理・片付けなど何でもご相談ください!

*遺品整理は一部対応できない地域が
ありますのでご相談ください。